2010年05月31日

Wampler Pedals 入荷

新製品と言う事ではありませんが Wampler Pedals より
新たに3機種が入荷してきましたのでご紹介させて頂きます。


Johnny Hiland Bad Dog

EFCWPBDDOG.jpg


Johnny Hiland Bad Dog はチキン・ピッキングの名手、
カントリーギタリストのJ・ハイランドのためにデザイン
されたペダルです。

彼が要求したのは、軽く弾けばクリーンに、強く弾けば
ラウドに響く、ピッキングに対するレスポンスの高さ。

そしてロー・ゲインからハイゲインまで、多様な局面に
対応するための利便性。

Johnny Hiland Bad Dog はそれら全ての要望に答えると
同時に、大型スタックアンプでも練習用小型アンプでも、
大音量でも小音量でも、スムースでタイトなディストーション
・サウンドを実現しています。






Underdog

EFCWPUNDDG.jpg


Underdog は、ナッシュビルのギタリストたちにとって
定番アイテムとも言えるドイツ産ペダルの3EQバージョン
を基にデザインされた、オーバードライブ/ディストーション
・ペダルです。

ピッキングニュアンスに張りツヤを与えるブースターから、
コンプレッションが効いたハードディストーションまで、
豊富な歪みのバリエーションが特徴です。

Wampler は、それにさらに“fat boost”スイッチを追加し、
音創りの幅を広げています。

B・Wamplerの友人で癌で闘病中のIvyさんへのチャリティー
のために製作されたこのペダルは、100台を上限とした
完全限定生産です。





AnalogEcho

EFCWPAGECH.jpg


AnalogEcho はデジタルながらテープエコーのような
ウォームな残響音を実現しながら、最大650msもの
ディレイタイムを誇るエコーペダルです。

心臓部となるICにはPT2399を搭載し、原音を一切損
なうことなくクリアーなディレイ音を醸し出します。

そのファットで音楽的なサウンドは、Eプレスリーや
G・パーソンズなどの作品に名演を残した、
テレキャスター・マスターの異名を取る偉大なギタリスト、
ジェームズ・バートンをして、
「まさにこういう音が欲しかったんだよ!」と唸らせました。





どれも Wampler Pedals らしく、魅力あふれるペダルと
なっています!!


posted by Ksound at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック