2010年06月16日

Greenhouse Effects 入荷

話題のイスラエル製エフェクターブランド Greenhouse Effects
が、予定より少し早く入荷してきました。


Goldrive

EFCGHGODRV.jpg



Goldrive はこちらのモデルで MkIII となる、ヒット商品と
言う事です。

大変スムーズなTS系オーバードライブですが、トーンは
オリジナルとは違い特定の周波数のみに作用するように設計
変更されており、低域の濁りや高域を改善しています。



Roadkiller

EFCGHRDKLR.jpg


Roadkiller はFETを使用したカスケード接続の増幅回路を持ち、
ギターやアンプのトーンに色づけすることなく、チューブアンプを
ドライブしたかのような暖かみのあるオーバードライブです。

クリーンから太くタイトなディストーションまで表現が可能です。






Nobrainer


EFCGHNBRNR.jpg



Nobrainer はロックやメタルまでカバーする多機能ディストーション
です。

面白いのはTone・Midの2つのトーンを持ち、Toneをオフに
することによりMidはパッシブトーンとして機能し、更に広い
ヘッドルームを持ったサウンドが得られます。






Remedy


EFCGHRMEDY.jpg


Remedy はゲルマニウムとシリコン・トランジスタをブレンドした
ユニークなファズです。

60年代ののサイケデリックなガレージファズから、限りなく太
く重い破壊的なストーナーサウンドまで、強烈なファズトーンを
生みだします。






※Greenhouse Effects はどの機種も電池が内蔵できません。
また、パーツの取付位置によりでシャーシが大変開けづらく
力尽くで開けるとすると、パーツを破損する可能性があるため
蓋を開けないようにして下さい。



どの機種も大変すばらしいペダルです。
一度お試し下さい!!

posted by Ksound at 19:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ディストーションを購入しました。
これが、とてもいい歪み。ゲイン0でも歪み、トーンコントロールが面白いです。
左のトーンを0にして右のトーンを上げていくと、太くて腰のあるサウンド。右を0にして、左を上げていくと、ドンシャリのサウンド。これは良いです。
Posted by イケポン at 2010年06月19日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック