2011年01月21日

Vox Bruno Amp at NAMM 2011

VOX が NAMM 2011 にて、新たなアンプ TB35C1 / TB35C2
を発表してきました。


TB35C1

AMPVXB35C1.jpg


TB35C2

AMPVXB35C2.jpg

AMPVXB35C2_2.jpg



TB35C1 / TB35C2 は、ブティック・アンプ・デザイナー
Tony Bruno 設計によるヴィンテージ・アメリカン・チューブ
・サウンドのアンプとなります。

6V6パワー管を4本、12AX7プリ管を3本使用したオール・
チューブ仕様で、スムーズでクリーンな高域、なめらかで
密度の濃い中域、分厚く暖かみのある低域、そしてリッチ
なオーバードライブ・サウンドが特徴です。

さらに別の12AX7を12AT7と組み合わせてリバーブ・ユニット
をドライブします。

コントロールは、VOLUME、BASS、MIDDLE、TREBLE
REVERB、MASTER VOLUME。

そして、MACHO、BASS BOOST、MASTER VOLUME BYPASS
スイッチを搭載。

MACHOスイッチは、中域と全体のゲインをブーストします。

これは Tony Bruno が開発した新しい機能で、ピュアで
オーガニックなアンプ・トーンを維持しつつ、余分な
エフェクト・ペダルは使わずにリードやソロを弾きたい
ギタリストにとって理想のサウンドと言えるでしょう。

BASS BOOSTスイッチは、オンにすると、暖かく丸みのある
低域音が強調され、理想的なファットでリッチなサウンドが
瞬時に得られます。

MASTER VOLUME BYPASSは、マスター・ボリューム部を
バイパスすることで、大音量かつピュアなゲイン・サウンド
を得ることも可能です。

TB35C1 / TB35C2 両アンプとも、Celestion G12-65スピーカー
を頑強なバーチ材プライウッドのキャビネットに収納しています。





【仕 様】
出力 :35W RMS
真空管構成:12AX7×3(プリ)、12AT7+12AX7(リバーブ)、6V6×4(パワー)
スピーカー:TB35C1=1 x 12” 16Ω Celestion G12-65
      TB35C2=2 x 12” 16Ω Celestion G12-65
入出力:ギター・インプット(HIGH/LOW)、エクスターナル・スピーカー・アウト、
    エクステンション・スピーカー・アウト、フットスイッチ・インプット
コントロール:ボリューム、ベース、ミッド、トレブル、リバーブ、
       マスター・ボリューム、ベース・ブースト、マッチョ・モード
      (フット・スイッチ)、マスター・ボリューム・バイパス
サイズ:TB35C1=600(W)×260(D)×565(H)mm
    TB35C2=695(W)×260(D)×565(H)mm
重量:TB35C1=28.8kg
   TB35C2=33.5kg
付属品:電源コード、VFS1フット・スイッチ、ダスト・カバー



2月下旬には、早くも発売の予定となっているようですので
お楽しみに!!


posted by Ksound at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック