2011年01月31日

JHS Pedals Hand Built 入荷

昨年の11月に、日本上陸決定のご案内をさせて頂いてお
りました、JHS Pedals がついに入荷しました。

JHS Pedals は、ミズーリ州グランビューに製作拠点を構え
るハンドメイド・エフェクトペダル・ブランドです。

代表であり、メインのペダル・ビルダーはヨシュア・スコット。

少年時代から電子工作に興味を持っていた彼が、ミュージシャン
としてのライブ&スタジオ活動を経て、エフェクターの
モディファイやオリジナルペダルの製作へと辿り着きました。


JHS Pedals は、アメリカでは人気急上昇中で、オリジナル
・ペダルも、モディファイも多くの種類を発売しておりますが
今回初上陸では、オリジナル4機種とモディファイ3機種が入荷し
おります。

その7機種を2日に分けてご紹介させて頂きます。


と言う事で、今日はオリジナル・ハンドビルド・ペダル
のご紹介です。


Morning Glory

EFCJSMRNGY.jpg


Morning Glory は、「ノイズ=歪みを付加する」という
ドライブ・トーンの原点に、いわゆるTS系とは違った
アプローチを狙ったオーバードライブです。

回路デザインはMarshalのBluesbreakerを出発点にしながら、
5倍以上のヘッドルームと2倍以上のゲインを確保。

また、Volume、Drive、Tone、に加え、bright cut switch
を搭載。

Toneのイコライジング幅を、接続するギターのタイプに
合せて最適に設定します。







Charlie Brown

EFCJSCHLBW.jpg


Charlie Brown は、ロック・ギターの名フレーズを生み出してき
た、マーシャルJTM45のサウンドを追求したオーバードライブ/
ディストーションです。

豊かなヘッドルームから生み出されるその歪みは懐が深く、
極めてウォーム。

Driveノブを少し上げれば、煌びやかでニュアンス豊かな
ドライブ・トーンに。

センター付近のセッティングでは、ナチュラルでバイト
感溢れるクランチ・トーンに。

最大限に回し切れば、プレイヤーのテンションを最大限
へいざなうディストーション・サウンドに。

また、Toneから独立したPresenceノブを搭載し、アンプ
やギターとのマッチング幅を大きく拡大しています。






Angry Charlie

EFCJSANGCL.jpg


Angry Charlie は、Charlie Brown をよりハイゲインに
チューンした、ディストーション/オーバードライブ。

いわゆるブラウン・サウンド、JCM-800のドライブ・トーン
を芯に据えつつ、より多彩な音創りを実現しています。

VolumeとDriveから生み出される歪みは、比類なき
ヘヴィ&ソリッドさを誇りながら、バリエーションは
極めて豊富。

効きのよいToneコントロールと独立したPresenceの搭載
により、あらゆるアンプの特性を最大限に引き出し、熱く
咆哮させます。







All American

EFCJSALAMN.jpg



All American は、ハイゲイン・ディストーションの代名詞
として一世を風靡した、ヴィンテージRATのサウンドを
現在に蘇らせたオーバードライブ/ディスト−ション/ファズ
ペダル。

原音にギラつきを与えるようなドライブ・サウンドから、
コンプレッションが効いたファズ・トーンまで、幅広く
クリエイト可能です。

ロー〜ミッドのフリーケンシー・レンジを調整し、ハイを
適度に抑制することで、小出力アンプでも迫力があり、
まとまりがある音色を実現。

より幅広い歪みのバリエーションを得るため、オリジナルの
RATでは3ノブだったコントロールを大幅に見直し。

新たに追加されたSWEEPノブにより、クリッピング周波数
を変化させ、歪みのテクスチャーとバイト感が調整可能に。

また、3 POSITION GAIN TOGGLEスイッチにより、

1)シリコン・トランジスタによるファズ的な歪み
2)クリッピング・ダイオードによるオーバードライブ的な歪み
3)LEDによるチューブライクな歪み

の、3種類のサウンドキャラクターが選択できます。






JHS Pedals のオリジナル・ペダルは、通常の単色仕様
に加え、スワール・フィニッシュとハンド・ペイント
がオプションにて選択できるようで、日本に入荷の物は
美しいスワール・フィニッシュとなっています。




posted by Ksound at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック