2011年10月09日

MAXZ Custom Pedals 日本上陸 4

今回で最後となますが MAXZ Custom Pedals の新入荷情報
第4弾をご紹介させて頂きます。


Speaker Simulator

EFCMZSKSLT.jpg


Speaker Simulator を使用する事により、ペダルボード
から直接ミキサーまたはレコーダーのデバイスへ信号を
送ることが出来ます。

このペダルを使えば、アンプを通したようなサウンドを
手軽に録音が可能です。

コントロールは、Level (ボリューム)、Warm (ミッドレンジ
コントロール)、そして3WayのModeスイッチです。

またスルー出力よりギターアンプに接続することができます。











Cabinet Simulator

EFCMZCBSLT.jpg


Cabinet Simulator は、アンプとスピーカーの間に接続
して、アンプから出力をダイレクトにミキサーに送るこ
とが出来ます。

難しいクローズマイキングをすることなく、どこでも簡
単にアンプからのサウンドをレコーディングすることが
可能です。

コントロールは、Input (入力レベル)、Axis (マイク・
ポジション・シミュレート)となっています。

ミキサーへのアウトは3Pのバランス出力となっており、
ミキサーからのファンタム電源にて駆動することも可能
です。

なお、使用される場合は必ずスピーカーアウトにスピーカー
を接続した状態で音を出して下さい。
(スピーカーを接続しないで音を出すとアンプが壊れる
場合があります)










手軽にレコーディングしたい方などには、ぜひ一度お試し
頂きたい商品です。


posted by Ksound at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック