2012年11月20日

Bogner Pedals Ecstasy Blue 発売

昨日は定休日だったため1日開いてしまいましたが、
一昨日に引き続き Bogner PedalsEcstasy Blue
をご紹介させて頂きます。


Bogner Pedals Ecstasy Blue

EFCBGETSBL.jpg

EFCBGETSBL_2.jpg

Ecstasy Blue は、Bogner 代表するアンプ Ecstasy
のBlueチャンネルの回路をミラーリングしたエフェク
ターです。

オペアンプやダイオードクリッピングを使用すること
なく4ゲインステージのディスクリートにて設計され、
あのプレキシ・トーンを見事に再現。

こちらも Ecstasy Red 同様にコントロールも充実し
ており、細かなセッティングを可能としています。


 [コントロール]

ON Footswitch:エフェクトのON/OFFを切り替えま
す。

Boost Footswitch:ブースト・チャンネルのON/OFF
を切り替えます。

Boost Volume:ブーストのレベルを調整。
(ブーストがONの時に発光します)

Boost Gain:ブーストのゲイン調整。
(ブーストがONの時に発光します)

Master Controls:ゲイン、トレブル、ミドル、ベース、
ボリューム

Variac on/off:onにするとアンプを低電圧で作動した
ような、コンプレッションを加えることができます。

Mode Switch:
plexi−ゲインを下げた、クリーンやクランチ向きのサ
ウンドになります。
blue−よりゲインの高いオーバードライブ向けのサウ
ンドになります。

Pre EQ Switch:
B1−トレブルを若干ブーストし、よりオープンで鮮明
なサウンドになります。
N−アタックが弱めの図太いサウンドになります。
(これが基本となるサウンドです。)
B2−ミドルとトレブルをブーストしたサウンドになり
ます。

Stucture Switch:
101−より高い反応性を持つヴィンテージトーンです。
100−より鮮明で、ジューシーなミドルが強調された
サウンドになります。
20th Anniversary−ミドルとトレブルが強調された
モダンサウンドです。

Remote Jack:スイッチングシステム等によるエフェ
クトのON/OFF、ブーストのON/OFFを操作すること
ができます。
(ステレオプラグ仕様のケーブルを使用)







是非一度 Ecstasy Blue をお試し下さい!!


posted by Ksound at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック