2018年12月28日

FOXGEAR Squeeze コンプレッサー発売

FOXGEAR より、トランスペアレントなコンプレッサー
Squeeze が発売です。


FOXGEAR Squeeze

FOXGEAR_Squeeze.jpg


Squeeze は、自然で透明感のあるトランスペアレントな
サウンドをもったコンプレッサー・ペダルです。

柔軟なレスポンスとフラットな質感を特徴をもつ、光学式
コンプレッサー。

レシオとアウトプットボリュームというシンプルなコント
ロールにより、プレイヤーのトーンを保ちながらも非常に
心地よく持続するコンプレッションが得られます。



是非一度 Squeeze をお試し下さい!!


posted by Ksound at 19:56 | Comment(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年12月27日

FOXGEAR Kolt 45 ポータブルギターアンプ発売

FOXGEAR より、ペダルサイズのギターアンプ Kolt 45
が発売です。


FOXGEAR Kolt 45

FOXGEAR_Kolt-45.jpg


Kolt 45 は、ペダルサイズでエフェクターボードに搭載で
きるコンパクトなギターアンプです。

45Wパワー出力に、3バンドEQ、ボリュームコントロール
を搭載。

あとはキャビネットがあれば、迫力あるサウンドを楽しめ
ます。






是非一度 Kolt 45 をお試し下さい!!


posted by Ksound at 20:08 | Comment(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年12月25日

FOXGEAR Knee Trembler ガイプラット・シグネチャートレモロ発売

FOXGEAR より、ガイ・プラットのシグネチャーモデル
となるトレモロ Knee Trembler が発売です。


FOXGEAR Knee Trembler

FOXGEAR_KneeTrembler.jpg


Knee Trembler は、ピンクフロイドでの活躍で知られ
るガイ・プラット氏とのコラボレーションによってデザイ
ンされた、ユニークなLFOを搭載したトレモロ・ペダルで
す。

Echosex Baby と組み合わせて使用することにより、
ピンクフロイドの有名な楽曲「One of These Days」のベ
ースイントロを完璧に再現します。








是非一度 Knee Trembler をお試し下さい!!


posted by Ksound at 20:14 | Comment(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年12月24日

FOXGEAR Futura アンビエントペダル発売

FOXGEAR より、アンビエント・ペダル Futura が発
売です。


FOXGEAR Futura

FOXGEAR_Futura.jpg


Futura は、ミステリアスなアンビエントサウンドを奏
でる独自の空間系エフェクト・ペダルです。

印象的な雰囲気は演奏中にリピート音を減衰させていく
機能により作り出されます。

リバーブとディレイのミックスは任意に設定可能です。

アルペジオにも使⽤できるスラップバックエコー+リバ
ーブなど、バラエティ豊かなアンビエンス効果が得られ
ます。






是非一度 Futura をお試し下さい!!


posted by Ksound at 19:48 | Comment(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年12月23日

Vivie MINERVA オーバードライブ発売

Vivie より、JCモード/MSモードの切替を装備したオーバ
ードライブ MINERVA が発売です。


Vivie MINERVA

EFCVVMNRVA.jpg



MINERVA は、ローゲインからフルゲインまであらゆる上
質なドライブサウンドを手軽に出力できるオーバードライ
ブ・ペダルです。

JCモード/MSモードの切替を装備。

JCモードではJC-120などのコンボアンプに最適なサウン
ドを発揮できます。

コンボアンプはスタックアンプと比較すると音域のバラ
ンスが中域にまとまっていることが多い中、スイッチを
切り替えることによりギターのトーンや弾き手のニュア
ンスを一切損なうことなく上質なトーンを生み出すこと
ができます。

MSモードはMarshallなどのスタックアンプに適したモー
ドになります。

低域と高域を内部回路で適切に調整することで、低音の
迫力と高音のキレをしっかりと残しつつ、艶ややかで色
気のあるトーンを生み出すことができます。

ハイエンドブティックアンプの音響特性を再現するTUBE
コントロールを搭載。

アンプの音響特性をシミュレートするコントロールで、
肌に張りつくようなミドルの飽和感と艶感を与えること
ができます。

逆にタイトなキレがあるサウンドがお好みであれば低め
にセッティングすることがオススメです。

ゲインコントロールは0にすると、クリーントーンでセ
ッティングしてる真空管アンプを大音量で鳴らしたとき
に少し歪んでしまったかのようなプリアンプ的なサウン
ドが得られます。








是非一度 MINERVA をお試し下さい!!



posted by Ksound at 20:13 | Comment(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする