2011年05月01日

Jet City Amp JCA22H 発売間近?!

今年の NAMM SHOW にて発表されていますが、 Jet City Amp
より JCA22H が発売となるようです。


Jet City Amp JCA22H

AMPJCA22HL.jpg

AMPJCA22HL_2.jpg


JCA22H は、小型で20Wと、パワー的にも価格的にも手頃な
人気機種 JCA20H を2チャンネル仕様にした物です。

JCA20H のクランチ・チャンネルに、オーバードライブ・
チャンネルを追加したことにより、音作りに幅が出来ます。

さらに、チューブ式エフェクト・ループも追加されています。









【仕 様】
出力: 20W
チャンネル: 2チャンネル:Crunch & Overdrive, フットスイッチで切替可能
コントロール: Crunch Gain, Overdrive Gain, Bass, Middle, Treble, Crunch Master Volume, Overdrive Master Volume, Presence
エフェクトループ: 真空管バッファリング
真空管: 5x 12AX7 (プリアンプ)/ 2x EL84 (パワーアンプ)
キャビネット: マルチプライ・ハードウッド
スピーカー接続端子: 16Ωx1、 8Ωx2
サイズ: 22.86cm(H) x 49.53cm(W) x 22.86cm(D)
重さ: 9.66kg



日本の自宅でも使いやすい、20Wクラスのニューモデル
発売が楽しみです!!





posted by Ksound at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月06日

Jet City Amp プライスダウン!!

Soldano を初めとする、有名エンジニアの共同開発により
高性能ながら低価格を実現し、話題の Jet City Amp ですが
今回代理店は、日本販売価格をさらにプライスダウンしま
した。


Jet City Amp プライスダウン!!

AMPJC100HM.jpg


今回のプライスダウンにより、Jet City Amp のフラッグシップ
・モデルである JCA100HDM がついに10万円を切り、また
JCA20H3万円以下で購入頂けるようになりました。


JCA100HDM 105,333円 → 99,333円 
JCA100H 94,333円 → 79,333円 
JCA50H 69,333円 → 65,333円 
JCA20H 39,333円 → 29,333円 

JCA48S 64,333円 → 49,333円 
JCA24S 37,333円 → 29,333円 
JCA12S 26,333円 → 19,333円 

JCA5212RC 94,333円 → 84,333円 
JCA2112RC 49,333円 → 39,333円 




さらにお求めやすくなった Jet City Amp を是非一度
お試し下さい!!

posted by Ksound at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月25日

VOX Night Train 50 発表

VOX より人気の Night Train シリーズに、新たなモデル
Night Train 50 が発表されました。


VOX Night Train 50

vox_night_train50h.jpg

vox_night_train50.jpg



Night Train 50 は、ライブなどで活躍する50Wの
出力を誇ります。

プリ管に12AX7を4本、パワー管にEL34を2本配した
Class AB仕様のフル・チューブ・アンプとなります。

野獣のようなハイゲイン・サウンドを生み出すGIRTH
チャンネルとVOX伝統のクランチ・サウンドが特徴の
BRIGHTチャンネルを搭載。

BRIGHTチャンネルにはゲインがアップするTHICKモード
を搭載し、2種類のサウンド・バリエーションを用意。

低音成分を低減して全体的に音が引きしまるTIGHT
スイッチを搭載。

完全バイパスにも対応したFXループ のセンド/リターン
端子を搭載。






【仕 様】

出力:50W RMS(8Ω/16Ω)
コントロール:マスター・ボリューム、トーン・カット、
       TIGHTスイッチ
GIRTHチャンネル=ボリューム、ベース、ミドル、トレブル、
       ゲイン
BRIGHTチャンネル=ベース、ミドル、トレブル、ゲイン、
       THICKスイッチ
入出力:ギター・インプット、FXループ(センド/リターン、
    バイパス・スイッチ)、フット・スイッチ、スピーカー
    ・アウト×1(16Ω)、スピーカー・アウト×2(8Ω)
外形寸法:458(W)×235(D)×175(H)mm
質量 :12.2kg
付属品:電源ケーブル、スピーカー・ケーブル



Night Train 50 は、3月中頃の発売予定と言う事ですので、
お楽しみに。


posted by Ksound at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月21日

Vox Bruno Amp at NAMM 2011

VOX が NAMM 2011 にて、新たなアンプ TB35C1 / TB35C2
を発表してきました。


TB35C1

AMPVXB35C1.jpg


TB35C2

AMPVXB35C2.jpg

AMPVXB35C2_2.jpg



TB35C1 / TB35C2 は、ブティック・アンプ・デザイナー
Tony Bruno 設計によるヴィンテージ・アメリカン・チューブ
・サウンドのアンプとなります。

6V6パワー管を4本、12AX7プリ管を3本使用したオール・
チューブ仕様で、スムーズでクリーンな高域、なめらかで
密度の濃い中域、分厚く暖かみのある低域、そしてリッチ
なオーバードライブ・サウンドが特徴です。

さらに別の12AX7を12AT7と組み合わせてリバーブ・ユニット
をドライブします。

コントロールは、VOLUME、BASS、MIDDLE、TREBLE
REVERB、MASTER VOLUME。

そして、MACHO、BASS BOOST、MASTER VOLUME BYPASS
スイッチを搭載。

MACHOスイッチは、中域と全体のゲインをブーストします。

これは Tony Bruno が開発した新しい機能で、ピュアで
オーガニックなアンプ・トーンを維持しつつ、余分な
エフェクト・ペダルは使わずにリードやソロを弾きたい
ギタリストにとって理想のサウンドと言えるでしょう。

BASS BOOSTスイッチは、オンにすると、暖かく丸みのある
低域音が強調され、理想的なファットでリッチなサウンドが
瞬時に得られます。

MASTER VOLUME BYPASSは、マスター・ボリューム部を
バイパスすることで、大音量かつピュアなゲイン・サウンド
を得ることも可能です。

TB35C1 / TB35C2 両アンプとも、Celestion G12-65スピーカー
を頑強なバーチ材プライウッドのキャビネットに収納しています。





【仕 様】
出力 :35W RMS
真空管構成:12AX7×3(プリ)、12AT7+12AX7(リバーブ)、6V6×4(パワー)
スピーカー:TB35C1=1 x 12” 16Ω Celestion G12-65
      TB35C2=2 x 12” 16Ω Celestion G12-65
入出力:ギター・インプット(HIGH/LOW)、エクスターナル・スピーカー・アウト、
    エクステンション・スピーカー・アウト、フットスイッチ・インプット
コントロール:ボリューム、ベース、ミッド、トレブル、リバーブ、
       マスター・ボリューム、ベース・ブースト、マッチョ・モード
      (フット・スイッチ)、マスター・ボリューム・バイパス
サイズ:TB35C1=600(W)×260(D)×565(H)mm
    TB35C2=695(W)×260(D)×565(H)mm
重量:TB35C1=28.8kg
   TB35C2=33.5kg
付属品:電源コード、VFS1フット・スイッチ、ダスト・カバー



2月下旬には、早くも発売の予定となっているようですので
お楽しみに!!


posted by Ksound at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月03日

VOX Lil’ Night Train 発表

最近各アンプメーカーより、小音量で楽しめるチューブアンプ
が発売されていますが、VOX からも Night Train をさらに
コンパクトにした Lil’ Night Train が発表されました。


VOX Lil’ Night Train

AMPVXLNTTR.jpg

AMPVXLNTTS.jpg


人気のヘッド・アンプ Night Train をさらにコンパクトに
し、2Wの出力とすることで、家庭でも本格的なチューブ
サウンドが楽しめるようになります。

プリ・チューブに12AX7を2本、パワー・チューブに12AU7を
1本搭載しています。

Lil’ Night Train には、2種類のサウンド・キャラクターを持ち、
より高音域が加わるBRIGHT、トーン回路をバイパスすることに
よりゲインがアップして厚みのあるサウンドを作り出すTHICKの
2種類から選択することが可能です。

ライン録音や夜間時の練習でもチューブ・サウンドを堪能できる
ヘッドホン/ライン・アウトも搭載。


今までチューブアンプは、小さくても5〜10W以上が多いため
自宅ではあまりボリュームを上げることができず、チューブアンプ
の良いところが出せない事が多かったのですが、Lil’ Night Train
は本領を発揮してくれそうですね。

キャビ V110NT とのセットは10月を、ヘッド Lil’ Night Train
単品は12月発売予定とのことですので、いま少しお待ち下さい!!

posted by Ksound at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。