2010年08月28日

Jet City Amp PicoValve 入荷

日本上陸以来、大変好評のアンプメーカー Jet City Amp
より、いつに PicoValve が発売となりました。


Jet City Amp PicoValve

AMPJCPCOVL.jpg

AMPJCPCOVL_2.jpg

AMPJCPCOVL_3.jpg


【仕 様】
出力: 5W/2W(切替可能)
チャンネル数: 1チャンネル
コントロール: Preamp Gain, Bass, Middle, Treble, Master Volume, Brightスイッチ
レクチファイヤー: ソリッドステート
真空管: 2x 12AX7 (プリアンプ) / 1x 6L6 (パワーアンプ)
使用可能な真空管(パワー管、確認済み): EL34, 6550, KT66, KT77, KT88, KT90, 6V6, 6K6
使用可能な真空管(プリ管、確認済み): 12AT7, 12AU7, 12AY7,12AZ7
スピーカー接続端子: 16Ωx1、 8Ωx1、 4Ωx1
サイズ: 約16.51cm(H) x 31.75cm(W) x 17.78cm(D)
重さ: 6.65kg



PicoValve は、THD のデザイナーであるアンディー・マーシャル
によって設計された、小型でありながら大変優れたアンプです。

一番のポイントは、ユーザーが自由にパワー管を交換出来る
という THD のユニークな発想。

バイアス調整の必要もなく、殆どの8ピン・ベースの真空管が
使用できるアンプを実現しました。

購入時は、パワー管に6L6が使用されていますが、これを
チャンプなどに使用されていた6V6に変えたり、または
マーシャルでおなじみのEL34や6550などに変えて、
1台で色々なサウンドが楽しめます。

勿論プリ管も、一般的に使用されている12AX7から
増幅率の低い、5751、12AT7、12AY7、12AU7
などに変更する事により、クリーンで歪みが無い
トーンが得られます。

ちなみにデラックス・アンプの初段は12AY7で
増幅率が44%と低いため、あのクリーン・トーンが
あるんですね。

反対に、5W/2W切り換えにより、ボリュームをおさえながら
フル・パワーのディストーション・サウンドを得ることもでき
ます。

自宅での使用や、また小型で6.65kgと軽いため、スタジオに
持っていくのも楽ですね。


PicoValve、 面白いアンプだと思いますよ!!



posted by Ksound at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月18日

VOX AC4TV8RG 限定カラー

VOX のコンパクトなサイズながら本格的なチューブ・
アンプとして人気のモデル AC4TV8 の限定カラーバージョン
AC4TV8RG です。


VOX AC4TV8RG

AMPVX4TV8G.jpg

AMPVX4TV8G_3.jpg

AMPVX4TV8G_2.jpg


【仕 様】
出力: 4W RMS 16Ω
真空管: 12AX7(プリ) / EL84(パワー)
スピーカー: 1x 8インチ 16Ω Celestion VX8カスタム・スピーカー
コントロール: TONE、VOLUME、OP LEVEL(4W、1W、1/10W)
入出力端子: INPUT、External Speaker端子
外形寸法: 300mm(W)×194mm(D)×322mm(H)
質量: 7.1kg
カラー: レーシング・グリーン(300台限定カラー)
付属品: 電源ケーブル


AC4TV8RG は1958年にデビューしたプラクティス・アンプ
VOX AC4 を基に設計されたコンパクトなチューブ・
アンプです。

単なるリイシューではなく、真空管回路の構成や機能を見直し、
現代のニーズにマッチするよう設計されています。

信頼のCelestion社と共同開発した8インチ・スピーカーと
4wの出力により、チューブアンプらしいサウンドを
気軽に楽しめます。

さらにパワー・アンプをA級回路で動作させることにより、
誰もが親しめるピュアなブリティッシュ・トーンを再現。

ボリュームの設定により、クリーン・サウンドから VOX 独特
のオーバードライブ・サウンドまで幅広い音色を生み出します。

AC4TV8 では4W、1W、1/10Wの3段階に切り替え可能な
アッテネータを装備し、室内での演奏やレコーディング、
または夜間の演奏においても好みの音色で演奏出来きます。


是非一度 AC4TV8RG をお試し下さい!!

posted by Ksound at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月16日

Bad Cat Classic Cat Limited

Bad Cat は、90年代に脚光を浴びた Matchless の創立者
であり、チーフエンジニアのマーク・サンプソン氏と
ジェームス・ヘイドリック氏が2000年に設立したブランド
です。

設立当初は Matchless より引き継ぎ、開発・設計された
たアンプのみからスタートしましたが、その後はさらなる
独自の開発により、広くバリエーションを増やしてきました。

今回ご紹介するのは、その中でも珍しい 限定モデル
Classic Cat Limited です。


Bad Cat Classic Cat Limited

AMPBCCCATL.jpg

AMPBCCCATL_2.jpg

AMPBCCCATL_3.jpg


【仕 様】
出力: 10W
コントロール: Volume、Tone
真空管: プリアンプ 12AY7 + 12AX7 / パワーアンプ 2x 6V6 / 整流管 5AR4
スピーカー: 12in
サイズ: W550mm x D270mm x H430mm
重さ:



Classic Cat Limited は、通常の Bad Cat のデザインや
キャビネットにこだわることなく、新たな試みとして
世界で40台のみの限定モデルとして発売されました。

Classic Cat LimitedTWEED DELUXE のサウンドを
元に設計されたアンプです。

デラックス・アンプ同様、プリアンプ部に12AY7と12AX7を
パワーアンプ に2x 6V6チューブを使用しています。

プリアンプの初段に、通常の12AX7に比べ増幅率の低い
12AY7を使用する事により、ボリュームを上げてもあまり
歪むことなく、暖かいクリーン・サウンド得られるように
デザインされています。

ちなみに、こちらのチューブをもっと増幅率の高い物に
交換すると、ゲインが上がって歪みやすくなります。

シンプルな構造のアンプだけに、チューブによって
サウンドの変化も分かりやすいと思います。



Classic Cat Limited が、大変好評を得たことで
Bad CatClassic Cat としてレギュラー化しましたが、
やはり製造の問題などにより、キャビネット・デザインは
通常のBad Cat と同じ仕様となり、そのサウンドも
TWEED DELUXE から現行の Bad Cat の雰囲気に近
づいた感じです。

貴重で異色な Bad Cat のモデル Classic Cat Limited
を是非一度鳴らしてみて下さい!!

posted by Ksound at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月12日

Jet City Amp JCA100HDM 入荷

Jet City Amp のフラッグシップ・モデルである JCA100H
ヘッドをさらにパワーアップした JCA100HDM がついに
発売となりました。


JCA100HDM Dasign by Soldano

AMPJC100HM.jpg

AMPJC100HM_2.jpg


JCA100HDM は、今年の Winter NAMM 2010 にて
JCA100H Plus と言う名前で発表されたモデルで、
JCA100H のパワーアップ・バージョンになります。

JCA100HDMPlus.jpg

JCA100HDMJCA100H 同様、パワーチューブに
6L6を使用した、100W2チャンネル仕様のチューブ
アンプ・ヘッドです。

ノーマル・チャンネルは、大きなヘッドルームを生かした、
クリアで明るくクリーンなサウンドです。

オーバードライブ・チャンネルは、ソルダーノ風のサウンド
・キャラクターに設計されていおり、本家ソルダーノに優る
とも劣らぬハイ・ゲイン処理を実現しました。

そして今回の JCA100HDM はさらに・・・

☆100Wと50Wの切替が出来るようになりました。

☆Depthコントロール(低音域のプレゼンスを調節)
 が追加されました。

☆ オーバードライブ・チャンネルにインジケータが
 つくようになりました。

☆ フロントパネルがグリルになり、内部で青色LEDが点灯
 します。


チューブアンプは、マスターボリュームがあっても
あまり絞りすぎると、本来の音が得られないので
100Wと50Wの切替スイッチは、あると便利ですね。

内部の青色のLEDとフロントパネルのグリルは
音には関係ないのですが、よりワイルドな感じで
個人的には大好きです(笑)








【仕 様】
出力: 50W/100W(切替可能)
チャンネル: 2チャンネル:Normal & Overdrive, フットスイッチで切替可能
コントロール: Normal Preamp, Overdrive Preamp, Bass, Middle,Treble, Normal Master Volume, Overdrive Master Volume, Presence, Depth, 50W/100W
エフェクトループ: 真空管バッファリング
フットスイッチ: オーバードライブ/クリーンチャンネル切替(付属)
真空管: 5x 12AX7 (プリアンプ)/ 4x 6L6 (パワーアンプ)
キャビネット: マルチプライ・ハードウッド
スピーカー接続端子: 16Ωx1、 8Ωx2、 4Ωx2
サイズ: 24.13cm(H) x 63.5cm(W) x 24.13cm(D)
重さ: 17.63kg


今回の初回入荷数は、とても少ないと言う事ですので
待って見えた方はお早めにゲットして下さい!!


posted by Ksound at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月30日

Jet City Amp JCA20H & JCA12S 入荷

少し前に Jet City Amp の20Wコンボアンプ JCA2112RC
の入荷をご案内させて頂きましたが、今回は同じ20Wの
スタックアンプ JCA20H & JCA12S が入荷しました。


JCA20H Dasign by Soldano

AMPJCA20HL.jpg

AMPJCA20HL_2.jpg


JCA20H は、シンプルな回路を持つ20WクラスA/Bチューブ
ヘッドアンプです。

複雑な回路を持たないことにより、キレのあるクリーン
から荒っぽいオーバー・ドライブまで、チューブアンプ
らしいサウンドを出力します。

設計を手がけたマイケル・ソルダーノ曰く・・・

「真空管アンプの設計に対するシンプルなアプローチが
この製品に大いに反映されている。
ジェット・シティーの新製品は、クラシック・ソルダーノ
を値ごろ感のある価格で発売するようなものであり、私の
名前が前面に刻印されている事を誇りに思います。」


【仕 様】
出力: 20W
チャンネル数: 1チャンネル
コントロール: Preamp Gain、 Bass、 Middle、 Treble、 Master Volume、 Presence
レクチファイヤー: ソリッドステート
真空管: 3x 12AX7 (プリアンプ) / 2x EL84 (パワーアンプ)
キャビネット: マルチプライ・ハードウッド
スピーカー接続端子: 16Ωx1、 8Ωx2
サイズ: 約22.86cm(H) x 49.53cm(W) x 22.86cm(D)
重さ: 約9.66kg



JCA12S

AMPJCA12SL.jpg


JCA12S は12"のジェット・シティーのカスタム・エミネンス・
スピーカーを1発とシングル・インプットを備えクセの無い
音色を持っています。

JCA20H と組み合わせて、20Wのハーフスタックか JCA12S
2台でフルスタックとして使用します。

また、JCA2112RC とサイズが同じですのでスタック・アップ
する事も出来ます。


【仕 様】
入力: 70W RMS
インピーダンス: 1×16Ω
キャビネット: マルチプライ・ハードウッド
スピーカー: 1×12” Jet CityカスタムEminenceスピーカー
サイズ: 50.8cm(H)x53.34cm(W)x27.94cm(D)
重さ: 12.1kg


JCA20H & JCA12S は自宅用として、また持ち運びにも便利
な小型のスタックは、ライブでも威力を発揮してくれます。



posted by Ksound at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギターアンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。